なぜ、一般社団法人・一般財団法人の利用が進んでいないのか?

「税理」10月号~知りたい部分から学ぶ一般社団法人・一般財団法人!!

 弁護士の関根稔先生とtaxMLのメンバーが執筆を担当しています。

 なぜ、一般社団法人・一般財団法人の利用が進んでいないのか。その理由は「使い慣れていない」という苦手意識からくる専門家の知識不足、経験不足にあるのではないか、と総論編で関根先生が指摘されています。

 一般社団法人・一般財団法人は、株式会社より優れ、合名会社や合資会社よりも、さらに優れた制度だ、とも。

 なぜなら、出資自体が不要で、出資者の相続問題から隔離されるから。

 最後のメッセージは我々専門家への奮起が期待されている気がします。

「このような便利な法人形態が提供されているにもかかわらず実務家の知識不足で依頼者への提案ができていない。そうだとしたら、それこそ専門家の任務懈怠というべき状況だ。株式会社と、合名・合資会社、それに加えて一般社団法人・財団法人を利用すべきが、これからの専門家の知恵だと思う。」

                           (熊本本部:岡野 訓)