所得税抜本改革先送りへ

~taxML税法実務情報より(http://taxmlcheck.jugem.jp/)~

解散総選挙をにらんでの先送りとのことですが・・・。

白井一馬先生のブログから。

 「所得税抜本改革先送りへ 政府・与党、夫婦控除踏み込まず」 産経新聞 10月6日

夫婦控除は先送り。
現行の配偶者の年収要件を150万円にする案が出ているそうです。

そうすると130万円の社会保険が新たな壁になるのでしょうね。

企業の扶養手当は配偶者控除を基準にしている。
こちらはどうなるのでしょうか。

税金以上に雇用への影響が大きい。
配偶者控除は事実上、主婦の賃金の上限の役割を果たしていた。
つまり企業側の人件費を抑制する機能です。
これが外れる。

こちらへの影響が政府の本当の目的だろう。

(熊本本部 税理士 岡野 訓)