政府税調の議論が本格化

2017年度改正は、所得税改革が目玉!

12月の大綱発表に向け、政府税調の議論が9月30日にスタート。

今年の目玉は、配偶者控除の見直しを含む所得税改革。

働きたい女性の心理的足枷となっている配偶者控除を見直すことが出来るのか。

ここ数年来議論されてきたテーマですが、なかなか実行に至らずここまで来ています。

今年はいよいよ実行する年となるのか。

その内容はいかなるものか。

注目が集まる中、密かに?非上場株式の評価方法の見直しも議論がされているのだとか。

持株会社を利用した節税対策にメスが入れられはじめた昨今、抜本的に評価方法全体を見直すには良い時期かもしれません。

(熊本本部 税理士 岡野 訓)