新スキャナ保存 申請は9月30日から

スマホで撮影も可 適用3ヶ月前に提出

スキャナ保存法の見直しが図られ、スマホやデジカメで撮影した領収書等の電子保存が認められるようになる。

この新制度の適用を受けようとするなら、適用開始の3ヶ月前までに申請書を提出する必要がある。

最短で、平成29年1月1日から適用可能となるが、そのためには平成28年9月30日、つまり明後日までに申請書を提出しなければならない。

これまでの制度では、最低必要人員が3人(領収書等の受領者、経理担当者等、定期的に事後検査を行う人)だったが、常時使用する従業員数が20人(商業またはサービス業に属する事業を主たる事業として営む者は5人)以下の小規模事業者に限り、2人(領収書等の受領者、定期的に事後検査を行う税務代理人)で利用できる特例も新設されている。

(熊本本部 税理士 岡野 訓 )