月刊!さくらユウワ通信「税務調査の際の加算税の対象拡大」

所長よりごあいさつ

 いよいよ、確定申告が本番を迎えております。今年は、熊本地震の影響で、通常は確定申告が必要ないサラリーマンの方々でも、雑損控除の適用を受けるために確定申告を行うケースが増加しているようです。普段、申告することに慣れていないこともあり、ご自分で申告するのはかなり困難だということで、申告を見送られる方もいらっしゃると聞いております。しかし、せっかくの権利ですから、税理士事務所に依頼するなどして、還付金を受け取って頂きたいと思っています。ちなみに、還付申告は、3月15日が過ぎても、向こう5年間は権利行使が可能となっています。申告期限までには間に合いそうもないという方でも、是非ご相談頂ければと存じます。

 さて、2月も15日水曜日に、毎月恒例の「さくら経革塾」を開催致しました。今回も4社を上限に、一日かけて5ヶ年の事業計画書を作成いたしました。各経営者の方々は、この計画書を元に、今後の経営の舵取りをしていってもらいます。経営が当初の計画通りにいっているかどうかは、当事務所で毎月チェックをしていき、必要があれば、軌道修正をしてもらうよう助言も行っていきます。3月は17日に「熊本県信用保証協会」にて開催致します。お時間のある方は、是非、見学にお立ち寄りください。

トピックス

  1. 中小企業経営強化税制の創設

  2. 平成29年3月期の決算ポイント

  3. 会社の種類と機関の決め方

  4. ビジネス書ナナメ読み-「アイデア大全」(フォレスト出版)

  5. 中小企業経営強化税制チェックシート

詳細はこちらをクリック(PDF表示)

(熊本本部スタッフ)