月刊!さくらユウワ通信「税務調査は任意調査」

所長よりごあいさつ

 先日、平成28年補正予算による「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」採択案件一覧が公表されました。熊本県では、86件が採択をされています。当事務所でお手伝いした案件も無事に採択を受け、グループ補助金や持続化支援金とともに、最善の結果を残すことが出来、ほっとしているところです。また、3月15日をもって、所得税の確定申告期限が到来し、今年は、580件余りの申告を期限内に完了することが出来ました。

 さて、税理士事務所のビッグイベントを通過し、次は3月決算法人の決算業務へと向かっていきます。それと平行して、経営革新業務のお手伝いにも力を入れていきます。毎月実施している「さくら経革塾」を4月18日に実施いたします。お陰様で、4月分は既に定員に達し、次回以降の参加企業を引き続き募集しております。経営者の方に朝から夕方まで自社の経営方針や戦略についてじっくり考えていただき、今後の自社の発展・存続に活かしていただこうという企画です。毎月、定員(4社限定)一杯の参加を頂いている人気企画です。行き当たりばったりで経営を行っている中小企業の経営者の方々に一度ご参加していただき、未来会計に触れる機会として頂ければと願っております。

トピックス

  1. 税務調査は任意調査

  2. ふるさと納税で悲喜こもごも

  3. 債務超過とはどのような状態か

  4. ビジネス書ナナメ読み-「小さな会社の稼ぐ技術」(日経BP社)

  5. 税務調査事前対応チェックシート

詳細はこちらをクリック(PDF表示)

(熊本本部スタッフ)