相続税の申告書への被相続人の個人番号の記載に係る取扱いの変更について

28年10月以降提出の相続税申告書に被相続人の個人番号の記載は不要

国税庁は、取り扱い変更の理由を次のように説明しています。

相続税申告書への被相続人の個人番号の記載について、納税者等の方から、「故人から相続開始後に個人番号の提供を受けることはできないため、相続税申告書に被相続人の個人番号を記載することが困難である。」、「相続開始前において、相続税の申告のために、あらかじめ個人番号の提供を受けておくことは、親族間であっても抵抗がある。」といった趣旨のご意見等を頂きました。

今後は、相続税申告書には、被相続人の個人番号の記載が不要になります。

https://www.nta.go.jp/souzoku-tokushu/souzokuzouyo-mynumber/toriatsukaihenkou.htm

(熊本本部 税理士 岡野 訓)