速報!さくらユウワ通信 「地域雇用開発奨励金(熊本地震特例)」

地域雇用開発奨励金(熊本地震特例)

「地域雇用開発奨励金」とは、雇用機会が特に不足している地域の事業主が、事業所の設置・整備を行い、その地域の求職者等を雇い入れる場合、設置・整備費用及び対象労働者の増加数に応じて、最大年3回支給される助成金です。この助成金に「熊本地震特例」が設けられました。

【支給要件】

  • 熊本県内において、事業所の設置・整備、雇入れを行った事業主であること
  • 平成28年10月19日から平成29年10月18日までの間に計画書を提出すること
    ※計画を開始する日からw事業所の設置・整備及び雇入れの完了までの期間は最大18ヶ月です。
  • 以下の者を雇い入れること
    ハローワーク等の紹介により雇い入れた労働者又は平成28年4月14から同年10月18日の間に、熊本地震により一時離職した者(熊本地震により雇用保険の特例措置による離職票の交付を受けた者)であって、本奨励金受給後も継続して雇用される見込みがある者
  • 労働関係法令を遵守していること

【熊本地震特例の特別措置の内容】

  1. 対象となる設置・整備費用の範囲拡大
    現行
    雇用拡大のために必要な施設又は設備の新設、増設、購入、賃借に評した経費
    +
    熊本地震特例
    熊本地震からの復旧のために行った修理・修繕に要した経費
    宿舎借り上げ経費や通勤バスの経費
  2. 対象労働者の範囲拡大
    現行
    ハローワークなどの紹介によって雇い入れる求職者
    +
    熊本地震特例
    平成28年4月14日から同年10月18日の間に、熊本地震により一時離職した者
  3. 支給額の引上げ
    現行
    設備・整備費用 対象労働者増加数
    3(2)~4人 5~9人 10~19人 20人以上
    300万以上
    1,000万円未満
    50万円 80万円 150万円 300万円
    1,000万以上
    3,000万円未満
    60万円 100万円 200万円 400万円
    3,000万以上
    5,000万円未満
    90万円 150万円 300万円 600万円
    5,000万以上 120万円 200万円 400万円 800万円
    ↓引上げ
    熊本地震特例
    設備・整備費用 対象労働者増加数
    3(2)~4人 5~9人 10人以上
    300万以上
    1,000万円未満
    100万円 160万円 300万円
    1,000万以上
    3,000万円未満
    120万円 200万円 400万円
    3,000万以上
    5,000万円未満
    180万円 300万円 600万円
    5,000万以上 240万円 400万円 800万円
    ( )内は創業の場合のみ適用
設備・整備費用は平成28年4月14日から同年10月18日までに開始した設置・整備費用および雇い入れた労働者も対象とします。
この特別措置により、適用範囲も広がり、支給額も2倍に引き上げられています。
地震による設備投資をされ、新規雇用を御検討でしたら、この助成金を利用されてみてはいかがでしょうか。
弊事務所で申請手続きをサポート致します。
詳しくは、各担当者にお気軽にご相談ください。

【熊本本部:坂本】

PDFはこちらをクリック