速報!さくらユウワ通信 「社会保険対象者の適用拡大」

社会保険対象者の適用拡大

 平成29年4月より、従業員500人以下の会社で働く方も、労使で合意すれば厚生年金保険・健康保険に加入できるようなりました。

労使で合意の要件とは

 「全従業員の過半数以上で組織される労働組合があるときは労働組合と雇用者の同意、小規模の労働組合しか存在しない場合や、労働組合そのものが存在しない場合は、従業員の過半数を代表する労働者と雇用者の同意を得ることをいい、年金機構に申出をする必要があります。

改正内容

 平成28年10月から週30時間以上働く方に加えて、従業員501人以上の会社で週20時間以上働く方にも厚生年金保険・健康保険(社会保険)の加入対象が広がりましたが、さらに平成29年4月からは従業員500人以下の会社で週20時間以上働く方も加入が可能となり、“パートタイマー等短時間労働者の方も厚生年金保険・健康保険(社会保険)の適用範囲”となりました。

社会保険に加入するメリット

  1. 将来もらえる年金が増えます
  2.  全国民共通の基礎年金に加えて、報酬比例の年金(厚生年金)を終身でもらえます。

  3. 障害がある状態になった場合なども、より多くの年金がもらえます
  4.  厚生年金保険に加入中に万一、障害がある状態になり、日常生活を送ることが困難になった場合、障害厚生年金が支給されます。障害厚生年金には、月額約49,000円の最低保障額が設けられています。 また、障害基礎年金は、障害等級1級または2級の場合に支給されますが、障害厚生年金は、障害等級3級の場合にも支給されます。

  5. 医療保険(健康保険)の給付も充実します
  6.  医療給付の内容は、各医療保険制度共通で、基本的に本人・家族で差はありませんが、一部の現金給付(傷病手当金・出産手当金)について差があります。賃金に応じた毎月の保険料で、ケガや出産によって仕事を休まなければならない場合に、賃金の3分の2程度の給付を受け取ることが出来ます。

新たに加入することになる対象者

以下の全てに該当する方になります。

  1. 年金や医療保険の保険料を自分の給与から天引きされていない
  2. 現在、学生でない(夜間、定時制は除く)
  3. 1年以上雇用される見込みである
  4. 70歳未満(厚生年金保険)又は75歳未満(健康保険)である
  5. 勤め先の会社の従業員数(正社員など)が500人以下であり労使で合意している
  6. 1週間あたりの決まった労働時間が20時間以上(残業時間を除く)である
  7. 賃金(賞与、残業代、通勤手当などは含めない)が月額88,000円以上である

会社のメリット

 会社にとっては保険料の負担という問題もある
かもしれませんが、以下のようなメリットもある
のではないでしょうか。

  1. 秀な人材の採用及び定着
  2. 社会的な信用度の向上
  3. 従業員の公的な福利厚生

雇用保険の適用拡大

 雇用保険につきましても平成29年1月1日に一部改正があり、改正前は65歳になった日以降に新たに雇用保険に加入することはできませんでした(65歳以前から加入している場合を除く)が、平成29年1月1日以降は65歳以上の方についても一定の要件を満たしている場合、雇用保険の対象となりましたのでご注意くださいませ。

【熊本本部:城野 沙織】

PDFはこちらをクリック

           .