配偶者控除は迷走状態

配偶者控除の取り扱いをどうするのか。

財務省が右往左往しているような感じですね。

働く女性にとって足枷になっていると、いったんは廃止案も浮上したところでしたが。

現行は収入103万円までを配偶者控除の適用対象としていますが、これを年収15万円以下まで拡大しようとする案の検討に入ったとのこと。

また、世帯主の所得が1千万円以下の世帯の限り配偶者控除が受けられるようにするとのことなので、富裕層にとってはまた税負担が増えることになる。

平成29年度改正での実現を目指すとのことなので、大綱発表までの残り1ヶ月間の議論に目が離せない。

(熊本本部 税理士 岡野 訓)