開業の書類手軽に作成

freeeさんがここまで業務を拡大!

佐々木大輔社長、やりますね。

クラウド会計ソフトのfreeeさんが、個人事業の開業を応援するサービスを開始するとのこと。

新サービスでは、サイト上に業種や開業時期などの必要事項を記入するだけで5種類の書類を作成出来るようだ。

ここをきっかけに同社の有料会計サービスを利用してもらおうとの戦略。

入口段階で、我々の潜在顧客をさらわれてしまうことになるのですね。

同社の目論見では、今後1年間で2万件の開業を支援するとのこと。

2万件×1.7%=340件。

熊本では、年間340件の新規顧客がfreeeさんに奪われることになる。

さて、どのような対抗措置を執るべきだろうか。

(熊本本部 税理士 岡野 訓)