非上場株式の評価見直し

昨年の大綱に「取引相場のない株式の評価方式のあり方について、早急に検討を行う」とありましたので、その通りに見直しを図ったということなのでしょう。

当初の予定通りなら、明日、平成29年度の税制改正大綱が発表されます。

その中に、類似業種比準価額の計算方式の見直しが盛り込まれそうです。

現行方式では、会社の利益と配当と純資産を3:1:1の割合で株価に反映させています。

これを、すべて1:1:1の割合で株価に反映させるように見直しがされるようです。

この見直しにより、利益水準の高い会社の株価はこれまでより低く抑えられることになりますが、政府・与党の試算によれば、税負担の軽減は平均で10%程度と軽微なものに留まりそうです。

また、上場株が上がるとそれに連動して評価額が上昇するという問題についても、その影響を和らげるような措置が盛り込まれるということです。

いずれにしても、詳しい内容は明日の大綱を見ないと分かりません。

どのような改正が盛り込まれているのか、今から楽しみですね。

(熊本本部 税理士 岡野 訓)