2017年税制改正大綱が発表されました!

https://www.jimin.jp/news/policy/133810.html

 配偶者控除の見直しや、タワマン節税対策など、事前に漏れ聞こえていた改正内容で目白押しです。

 ただ一つサプライズだったのは、認定医療法人への贈与税非課税措置。

 26年改正で導入されている、医療法人の納税猶予制度。

 持分ありから持分なしへの移行について、贈与税と相続税を猶予するというものですが、医療法人へ贈与税が課税されるリスクがあることがネックとなっていました。

 この贈与税課税を非課税とするというのですから、障害はなくなります。

 この改正によって、どのくらいの医療法人が持分なしへと移行することになるのでしょうか?

 3年後の統計結果をみてみたいですね。

                                (熊本本部 税理士 岡野 訓)