28年分の年末調整の留意点

早いもので、もう年末調整の足音が・・・。

平成28年分の年末調整のしかたが国税庁から公表された。

注意点は、次の3つ。

①通勤手当の非課税限度額引き上げ

28年1月1日から通勤手当の非課税限度額が従来の10万円から15万円に引き上げられている。改正法が施行されたのが、4月1日からなので、改正前に支払われた1~3月分については対応未済となっているはず。

②国外居住親族に係る書類提示

国外居住の親族に係る扶養控除や配偶者控除の適用を受けようとすれば、勤務先に「親族関係書類」と「送金関係書類」を提出または提示しなければならなくなった。

③マイナンバー記載不要の書類

保険料控除申告書、配偶者特別控除申告書、住宅借入金等特別控除申告書の3つの申告書は28年4月1日以後に提出するものからマイナンバーの記載が不要となっている。もし誤ってマイナンバーが記載されているときはマスキング等の対応が必要となる。

(熊本本部 税理士 岡野 訓)