速報!さくらユウワ通信 「平成29年度省エネ補助金募集開始」

あたらしい省エネ補助金が始まりました!!

省エネ補助金とは

民間事業者等による省エネルギー設備・技術等を導入する事業に対して支援を行うことにより、2030年度の省エネ目標達成に寄与することを目的とした補助金です。
ホームページは下記よりご参照ください。
(http://sii.or.jp/cutback29/overview.html)

公募期間

平成29年5月25日(木)~ 6月26日(月)

対象者

青色申告者である個人事業主、または中小企業者に該当する法人
(ただし次項1については「エネルギー使用量が1,500kl以上の工場・事業場」と「中小企業に該当しない会社法上の会社(株式会社、合名会社、合資会社、合同会社、有限会社(みなし大企業を含む))」は省エネ法の中長期計画等に記載されている事業のみが対象)

補助事業の種類

 

  1. 工場・事業場単位での省エネルギー設備導入
    1. 省エネルギー対策事業
    2. ピーク電力対策事業
    3. エネマネ事業
  1. 設備単位での省エネルギー設備導入事業

    高効率照明(LED照明等)、高効率空調(業務用エアコン等)など

    ※上記いずれにも要件、対象範囲があります。

補助金額の範囲(原則補助率:1/3以内)

  1. 上記Ⅰの場合、補助対象経費の1/3以内
    (ウ)単独、(ウ)と組み合わせは1/2以内
    【上限額】1事業あたり   15億円
    【下限額】1事業あたり   100万円
  2. 上記Ⅱの場合、補助対象経費の1/3以内
    【上限額】1事業あたり 3,000万円
    【下限額】1事業あたり   50万円
    中小企業者、個人事業主は 30万円

補助対象経費

補助対象経費は以下の通りです。

  • 設計費
  • 設備費
  • 工事費

※補助対象外経費となるものがあります。

手続きの流れ

手続きの流れ

手続代行について

  1. 「(ウ)エネマネ事業」の場合は、エネルギー管理支援サービス契約を締結するエネマネ事業者が代行申請する必要があります。
  2. 「Ⅱ.設備単位」の場合は、3者以上の見積依頼・競争入札で選定した販売事業者を、申請手続きの代行者とすることができます。

〇手続代行の対象書類

  • 交付申請書
  • 補助事業実績報告書
  • 精算(概算)払請求書など複数あります。

詳細は各担当者へお問い合わせください。

【熊本本部:田中 雄太】

PDFはこちらをクリック

           .