速報!さくらユウワ通信 「職場意識改善助成金」

「職場意識改善助成金」をご存知ですか?

これは国が、従業員の残業時間の削減や、有給休暇の取得促進に取り組む中小企業を支援することを目的とした助成金です。
全部で4つあるコースのうち、今回は「職場環境改善コース」をご紹介いたします。
この取り組みの内容は、例えば…

  • 労働時間管理の適正化を図るために、ICカード等による労務管理システムを導入する
  • 業務効率の改善を図るために、中小企業診断士等の外部専門家にコンサルティングを依頼する
  • その他従業員の研修、または就業規則の策定、あるいはデジタコやPOS装置の購入をする等、比較的取組み易い内容となっています。

対象事業主

対象となる企業の条件は、従業員の①有給休暇の年間平均取得日数が13日以下、かつ②月間平均残業時間が10時間以上である企業のうち、③次のAまたはBのいずれかを満たす企業です。

業種 A.資本金・出資金 B.常時使用する従業員
小売業・飲食店 5千万円以下 50人以下
サービス業 5千万円以下 100人以下
卸売業 1億円以下 100人以下
その他の業種 3億円以下 300人以下

支給額

成果目標の達成状況に応じて、取り組みの実施に要した経費の一部が次のように助成されます。

対象経費 謝金、旅費、会議費、印刷製本費、消耗品費、固定資産購入費、委託費等
助成額 対象経費の合計額×次表の補助率

(補助率表)

成果目標の達成状況 a,bともに達成 どちらかのみ達成 どちらも未達成
補助率 3/4 5/8 1/2
上限額 100万円 83万円 67万円

(成果目標)

目的 成果目標
a 年次有給休暇の取得促進 年間平均取得日数を4日以上増加させる
b 所定外労働時間の削減 月間の平均所定外労働時間を5時間以上削減させる

評価期間

達成状況の評価は3か月間に区切って行われ、その期間は取組みを開始した日である事業実施承認日から来年の2月15日までの期間内から、企業の任意で設定することできます

利用の流れ

達成状況の評価は3か月間に区切って行われ、その期間は取組みを開始した日である事業実施承認日から来年の2月15日までの期間内から、企業の任意で設定することできます。詳細は各担当者へお問い合わせください。

  1. 取組開始(承認申請)
    承認申請書を、事業実施計画書等とともに労働局に提出し、まずは事業実施の承認をうけます。
    申請期日は今年の10月16日までですが、助成金には予算があり、この予算がなくなり次第、締め切りとなりますのでご注意ください。
  2. 計画に沿って取り組みを実施
  3. 取組実施後
    労働局に対して、申請期日である来年の2月末日までに助成金の申請を行います

ご不明な点は、厚生労働省のWEBページをご覧いただくか、弊社までお問合せください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/jikan/syokubaisiki.html

ご連絡をお待ち申し上げております。

【熊本本部:今市 一立】

PDFはこちらをクリック