速報!さくらユウワ通信 「広大地の評価についての改正案」

広大地の評価についての改正案

 6月22日に「広大地の評価」についての改正案がパブリックコメントとして公表されました。

広大地とは?

 下記の要件に合致する土地をいいます。

  • 500㎡(三大都市圏以外は1,000㎡等)以上の面積であること
  • 中高層のマンション等の敷地用地に適していないもの(原則として容積率が300%未満)
  • 大規模工場用地に該当しないもの
  • 戸建分譲開発等するときに私道等が必要なこと

広大地の計算方法

 広大地の価格=広大地の路線価 × 補正率 × 地積
 広大地補正率=0.6-0.05×(地積/1,000㎡)

現行制度の問題点

  • 異なる形状の土地であっても広大地に該当した場合、地積が同じであれば同じ評価額になる。
  • 広大地に該当するか要件が明確ではない。

改正案

広大地の評価(評価通達20‐2、24‐4ほか)

  1. 地積規模の大きな宅地の評価を新設し、各土地の個性に応じて形状・面積に基づき評価することとする。
    注)市街地農地等の評価における「宅地であるとした場合の1平方メートル当たりの価額」についても同様に評価する。なお、これに伴い、広大地の評価を廃止する。
  2. 地積規模の大きな宅地の判定について、地区区分や都市計画法の区域区分等を基にすることとし、適用要件を明確化する。

改正後の算式

 広大地の価格=路線価×地積×補正率(※2)×規模格差補正率(※1)
算式 ※2奥行距離や不整形地を考慮した補正率
 上記算式中の「B」及び「C」は、地積規模の大きな宅地が所在する地域に応じそれぞれ次に掲げる表のとおりとする。
算式

今後の影響

 改正案については、平成30年1月1日以後に相続遺贈又は贈与により取得した財産の評価に適用することとされています。つまり「平成29年中の相続等は従前の補正率で計算」されます。今後、具体的な改正後の評価方法が決定しますが、最近の税制改正の傾向を鑑みると整形地である広大地については評価額が増加する可能性があります。
 改正後の広大地を相続によって次の世代に引き継ぐよりも平成29年中に「相続時精算課税」等による贈与によって所有権を移転した方が税務上有利になる場合もあります。弊社では平成29年中に贈与等をした場合と改正後の場合とどちらが有利になるのかを試算致します。是非お気軽にご相談下さい。

【熊本本部:竹下】

PDFはこちらをクリック