速報!さくらユウワ通信 「知らないと損する!事業主の方のための雇用関係助成金 」

知らないと損する!事業主の方のための雇用関係助成金

現在、中小企業に手厚い雇用関係の助成金が多く存在します。また、要件さえ整えば何度でも申請可能な助成金もあります。今回は、中でも比較的申請しやすい主な助成金についてお伝えいたします。

特定求職者雇用開発助成金 

助成要件

高年齢者(60歳以上65歳未満)や障害者など、就職が困難な離職者をハローワーク等の紹介で雇用する事業主が対象です。満額受給のためには一定期間の雇用が要件ですが、退職した場合も月割りで申請することができます。

助成金額

対象者 助成額(金額は1人当たり)
中小企業 中小企業以外
高年齢者(60~64歳)、ひとり親 60万円(40万円) 50万円(30万円)
身体・知的障害者(重度以外) 120万円(80万円) 50万円(30万円)
身体・知的障害者
(重度または45歳以上)、
精神障害者
240万円(80万円) 100万円(30万円)

※( )金額は週所定労働時間が20時間以上30時間未満の短時間労働者

トライアル雇用助成金

※未経験者を社員として育成したい会社向けの助成金

助成要件

職業経験、技能、知識不足等で、就職が困難な離職者をハローワーク等の紹介で有期契約社員として一定期間雇用した事業主が対象です。

助成金額

1人当たり月4万円(最長3ヵ月間・計12万円が限度)。なお、母子家庭の母等の場合は月5万円。

65歳超雇用推進助成金(高齢者無期雇用転換)

※50歳以上のパートタイマーを雇用していれば、ぜひ活用したい魅力的な助成金です。

助成要件

50歳以上、かつ定年年齢未満(65歳限度)の有期契約労働者を無期雇用労働者(パートでも可)に転換した事業主に支給されます。

助成金額

1人当たり48万円(生産性要件を満たす場合は60万円)。

キャリアアップ助成金(正社員化コース)

助成要件

6か月以上雇用した非正規社員を正社員に転換して、その後、6か月を経過した事業主が対象となります。(派遣社員を正社員に転換した場合も可。)

助成金額

転換内容 中小企業 中小企業以外
有期契約社員
⇒正社員へ
57万円(72万円) 42.75万円(54万円)
有期契約社員
⇒無期契約社員へ
28.5万円(36万円) 21.375万円(27万円)
無期契約社員
⇒正社員へ
28.5万円(36万円) 21.375万円(27万円)

※( )金額は生産性要件を満たした場合の助成額

人材開発支援助成金(旧キャリア形成促進助成金)

助成要件

入社5年以内で35歳未満の若年正社員の社内外での研修にかかった賃金や外部講師の費用等の経費が助成されます。

助成金額

研修内容 中小企業 中小企業以外
Off-JT
賃金助成
1人1時間当たり760円(960円) 1人1時間当たり380円(480円)
Off-JT
経費助成
経費の45%(60%)
10時間以上100時間未満:15万円
100時間以上200時間未満:30万円
200時間以上:50万円
経費の30%(45%)
10時間以上100時間未満:10万円
100時間以上200時間未満:20万円
200時間以上:30万円
OJT
実施助成
1人1時間当たり665円(840円) 1人1時間当たり380円(480円)

※( )金額は生産性要件を満たした場合の助成額

上記の詳細、および上記以外の雇用関係助成金については、厚生労働省のHPをご確認ください。

【熊本本部 渡邉 里香】

PDFはこちらをクリック

           .