速報!さくらユウワ通信「企業も従業員もWIN-WIN ! ご存知ですか? ≪健康経営≫ 」

企業も従業員もWIN-WIN ! ご存知ですか? ≪健康経営≫

 労働者不足問題が深刻化する中、官民を挙げて働き方改革が推進されています。しかし、労働生産性の向上を実現するためには働き方を変えるだけでなく、全ての従業員が心身ともに健康な状態で活き活きと働くことのできる土台作りにも、力を入れなければなりません。そこで、注目されているのが「健康経営」です。今回は、その概要と実践されている企業の取り組みを一部ご紹介いたします。

健康経営とは?

 「従業員の健康増進に企業全体で取り組む」ことを経営理念とし、係る支出を将来の収益性向上等に向けた前向きな「投資」と捉え実践するという経営手法です。

健康経営が注目される社会的背景

 健康経営は2010年頃から大企業を中心に広がりました。その背景は主に以下の2つです。

  • 企業のリスクヘッジ
    昨今、長時間労働等の劣悪な労働環境に起因する従業員の自殺や過労死などの労災が相次ぎました。そのために従業員が安全かつ健康的に働ける環境を求める声が高まり、企業もその環境を整備する必要に迫られています。
  • 医療費の軽減
    医療費増加に伴い、健康保険組合の赤字は膨らみ続けています。その赤字は、該当する企業が負担することになります。従って、通院する従業員が増加し医療費が膨らみ続ければ、その負担額も大きくなり経営を逼迫します。

健康経営のメリット

 様々な経営課題があると思いますが、その中でも人材に関する課題はどの企業様も少なからずお持ちかと思います。「健康経営」推進は人に関する経営課題の解決に特に効果的です。

人的資本に対する投資(従業員への健康投資)

従業員の健康増進、従業員の活力向上

健康経営≪攻め≫のメリット

  • 優秀な人材の獲得、人材の定着率向上
  • プレゼンティーイズムコストの削減、生産性の向上
  • 社会的評価の獲得、企業のイメージアップ

健康経営≪守り≫のメリット

  • リスクマネジメント
  • 企業負担の軽減

業績向上、企業価値向上

具体的な取り組みのご紹介

  • 花王【「健康経営銘柄」に4年連続で選定!】

 健康意識の高い従業員を増やすため、社員と家族の健康維持を推進するGENKIプロジェクトを始動。

  • スマート和食 花王が研究した内臓脂肪を溜め込まない独自の食事法の提供
  • 禁煙推進 「禁煙セミナー」、「禁煙週間」、「禁煙治療費の補助」、「禁煙マラソンキャンペーン」などを実施

(花王HPより抜粋)

  • ローソン【ユニークな取り組みを実践!】
  • ロカボチャレンジ 食生活の改善を目的に、糖質量制限した食事を8週間続ける取組み。社員の血糖値や血圧が改善し、疾病やメンタル疾患での休職者が減るという結果に。
  • 男性職員の育児休業取得推進

    2014年には14%だった男性の育休取得率が、2018年には80%に!

(ローソンHPより抜粋)

「健康経営」セミナーのご案内

弊所では、健康経営に精通されていらっしゃる沖倉功能社労士をお招きして、7月17日に健康経営に関するセミナーを開催いたします。ご興味がある方はぜひご参加ください。詳細は別添のセミナーパンフレットをご確認ください。

【熊本本部 岩田 由起】

PDFはこちらをクリック