速報!さくらユウワ通信「『くまもと型小規模事業者経営発展支援事業補助金』の公募開始」

『くまもと型小規模事業者経営発展支援事業補助金』の公募開始

 令和元年度「くまもと型小規模事業者経営発展支援事業補助金」の公募が開始されましたのでご案内いたします。

本事業について

事業の趣旨

 平成28年熊本地震により影響を受けた県内の小規模事業者が、商工会・商工会議所等の支援を受けながら取り組む販路開拓や生産性向上、第二創業などに要する経費に対して支援するものです。

補助対象者

 補助対象者は、次の(1)~(4)に掲げる要件をいずれも満たす小規模事業者(単独または複数の小規模事業者)です。

  1. 熊本県内に所在する熊本地震の影響を受けた小規模事業者であること(次の①~③すべて満たすこと)
    ①熊本地震発生時に熊本県内で事業を行っており、かつ本補助金交付申請時において熊本県内で事業を行っている事業者であること。
    ②熊本地震により事業資産が直接被災した、または売上減などの間接被害が生じた事業者であること。
    ③小規模事小規模事業者であること
    業種ごとに従業員数で小規模事業者であるか否かを判断します。

    業  種 常時使用する従業員数
    商業・サービス業(下記を除く) 5人以下
    宿泊業・娯楽業 20人以下
    製造業 その他 20人以下
  2. 本事業の応募の前提として、専門家等の助言を受けたうえで持続的な経営計画を作成しており、かつ、それに基づく事業展開を図るための経営革新計画等法令に基づく計画の策定を行った(行っている)事業者であること。
  3. 当該補助金の交付を受ける者として不適当な者に該当しない者であること。
  4. 県税に未納がないこと

補助対象事業

 補助対象となる事業は、次の(1)~(5)に掲げる要件をいずれも満たす事業であることとします。

  1. 3~5年で「付加価値額」年率3%及び「経常利益」年率1%の向上を達成できる取組であること。
  2. 商工会・商工会議所及び「熊本県復興経営サポートオフィス」等による専門家の支援を受けながら取り組む事業であること。
  3. 熊本県内に置いて実施される事業であること。
  4. 以下に該当する事業を行うものではないこと。
    • 同一内容の事業について、国等が助成する他の制度と重複する事業
    • 本事業の完了後、概ね1年以内に売上に繋がることが見込まれない事業
    • 事業内容が射幸心をそそるおそれがあること、または公の秩序もしくは善良の風俗を害することとなる恐れがあるもの、公的な支援を行うことが適当でないと認められるもの
  5. 複数事業者による共同申請の場合には、連携するすべての小規模事業者が関与する事業であること。

補助対象経費

 補助対象となる経費の費目は次の通りです。

経費内容 ①機械装置等費、②技術導入費、③クラウド利用費、④広報費、⑤知的財産権等関連経費、⑥展示会等出展費、⑦開発費、⑧旅費、⑨資料購入費、⑩雑役務費、⑪借損料、⑫専門家謝金、⑬専門家旅費、⑭運搬費、⑭設備処分費、⑮委託費、⑯外注費

補助率等

補助対象経費の3分の2以内
補助上限額 200万円

受付期間

受付開始:令和元年6月 7日
受付締切:令和元年7月26日必着

申請及び問い合わせ窓口

熊本県中小企業団体中央会
〒862-0967 熊本市南区流通団地1丁目21番地
電話番号   096-234-7882

【熊本本部 和田 恵美子】

PDFはこちらをクリック