速報!さくらユウワ通信「令和4年1月1日から改正電子帳簿保存法がスタートします」

令和4年1月1日から改正電子帳簿保存法がスタート

電子帳簿保存法とは

原則、紙での保存が義務付けられている帳簿書類について一定の要件を満たした上で電磁的記録(電子データによる保存を可能とすること及び電子的に授受した取引情報の保存義務等を定めた法律です。
また、一定の要件を満たした電磁的記録及び保存を行い、本措置の適用を受ける旨等を記載した届出書をあらかじめ所轄税務署長に提出していると、国税関係帳簿(優良な電子帳簿)に記録された事項に関し申告漏れがあった場合に課される過少申告加算税が5%軽減される措置が整備されました。

電子帳簿のメリット・デメリット

<メリット>
電子帳簿保存法を適用することで、読みやすい状態のまま長期的に、安全な状態で必要書類を保存することができます。紙と違って物理的な保存スペースが必要なく、保存用のファイルや場所などにかかるコストも削減できます。また、電子データは検索性に優れているため当該書類を簡単に見つけることができ、効率的に業務を行うことができます。

<デメリット>
電子帳簿保存法の適用を受けるには、対応するソフトウェアまたはクラウドシステムなどを導入するための初期費用や、運用していくためのランニングコストが必要となる場合があります。

ご質問等ございましたら、各担当者までお気軽にご相談下さい。

【熊本本部 荒井】

PDFはこちらをクリック