福岡本部092-441-0012

熊本本部096-319-3339

鹿児島本部099-260-0100

税理士法人 さくら優和パートナーズは、税務・会計はもとより起業家支援、医業経営支援、企業組織再編、相続・事業承継、事業計画の立案などをトータル的にサポートする信頼と実績を誇る福岡・熊本・鹿児島の税理士事務所です。

最新情報

315月

月刊!さくらユウワ通信「グループ補助金」

0 Comments
先日、政府は熊本地震で被災した中小企業の復旧を支援する新な補助金制度創設方針固めました。 新たな補助金は東日本大震災で導入し「グループ補助金」の枠組みをもとに検討。対象は原則して、法律で規定された中小企業で、2社以上がグ […]... Read More →
265月

速報!さくらユウワ通信「震災税務」「窓口負担免除」「重要文書処理システム」

0 Comments
熊本地震での被災者は、医療機関等での窓口負担が免除されます 熊本地震で被災された方 のうち、下記の1~5に該当する方が、医療機関など(熊本県以外の医療機関等も含む。)で診療や介護サービスを受ける際に、医療機関や介護サービ […]... Read More →

ニュースリリース

095月

[熊本本部]仮事務所移転のお知らせ

0 Comments
この度、熊本地震の影響により被災された皆様に対し、心よりお見舞い申し上げ ます。 震災の影響により、熊本本部は5月2日より一時的に仮事務所へ移転しております。 郵送物は、只今転送するようにしているため、旧住所(熊本市中央 […]... Read More →
222月

[ 熊本本部 ] 岡野所長の「マイベストプロ」ページが更新されました。

0 Comments
岡野所長の「マイベストプロ」ページが更新されました。 http://mbp-kumamoto.com/yuuwa/... Read More →
3010月

[ 共通 ] 合併のお知らせ

0 Comments
「税理士法人 鹿児島さくら会計」と「税理士法人 優和パートナーズ」の経営統合により、「税理士法人 さくら優和パートナーズ」を設立いたしました。... Read More →

法人関与件数

1,471

個人関与件数

921

従業員数

89

拠点数

3

セミナーのご案内

DSC01524

[2016.6.10開催] 【熊本】緊急セミナー「被災中小企業の再建に向けて」

緊急セミナー「被災中小企業の再建に向けて」   主催 一般社団法人アジア法務サポートセンター   共催 熊本ロータリークラブ、熊本東ロータリークラブ   対象 県内中小企業・個人事業主 &n […]

コメントなし
DSC01524

[2016.3.15開催] 【熊本】知らなきゃ損する事業継承のポイント!〜中小企業が成功する「承継」戦略とは〜

経営者・後継者 必聴! 知らなきゃ損する事業継承のポイント! 〜中小企業が成功する「承継」戦略とは〜   承継問題、後まわしで本当にいいですか? 早めに着手すれば、色々な解決策から選べる可能性が高い承継問題です […]

コメントなし
semi_fujiwara

[2016.2.4開催] 【熊本】第22回熊本藤原塾

【藤原塾とは】 経済アナリスト藤原直哉氏を講師として招き、全国各地で開催されている勉強会です。日本経済全体のみならず、世界経済、政治などの情報から経済・政治の流れを理解することができます。志高い仲間が集う、ライブ感あふれ […]

コメントなし

セミナー一覧

様々な事業戦略サポート

経営状況の悪化により、追加融資や借り換えなどの場面で事業計画の必要性が高まっております。また融資以外でも販売拡大・経費削減等、経営改善には今や事業計画は必要不可欠です。
混迷の度合いを深める世の中、ただ漠然と仕事をしているだけでは、この時代を乗り切ることは出来ません。今こそきちんとした事業計画を作成し、不況の荒波を乗り切りましょう。 その際、数値計画は当然ですが、経営理念とビジョンも大変重要です。
目指すべき方向・理念の設定をし、長期的なビジョンで経営を進めることが重要です。
世の中が大きく変化し、あるいは複雑化するにつれ、これまで最適とされていた会社組織やグループ編成が現在の社会情勢の下では、必ずしもベストの状態であ るとは言えない状況になっているお客様も多いと想像されます。これに対応するように、商法では会社分割制度が新たに創設され、また法人税法においても平成 13年に企業組織再編税制が導入されたことにより、企業グループの組織再編手法は、従来とは比較にならないほど多様化しています。この新しい制度を活用す ることにより、企業グループの効率化を図り、収益性や資金繰りの改善、さらには事業承継手法として利用することも可能になりました。
これまでの事業承継は自社株相続の「節税」が主体で、経営の承継問題はあまり議論されて来ませんでした。これは、中小企業の殆どが税法上の同族会社であるため、 相続税の負担が大きく経営の承継まで目が届かなかったことや、親族内での承継がメインであったことが理由であると考えられます。

執筆・掲載実績

bn_001
bn_003
bn_002
bn_005
bn_004
bn_006

Back to Top