速報!さくらユウワ通信 「法定相続情報証明制度」

法定相続情報証明制度Q&A

平成29年5月29日から,全国の登記所(法務局)において,各種相続手続に利用することができる「法定相続情報証明制度」が始まります。

【相続手続きが簡単に】

 現在,相続手続では,被相続人の戸除籍謄本等の束を,相続手続を取り扱う各種窓口に何度も出し直す必要があります。
 法定相続情報証明制度は,登記所(法務局)に戸除籍謄本等の束を提出し,併せて相続関係を一覧に表した図(法定相続情報一覧図)を提出すれば,登記官がその一覧図に認証文を付した写しを無料で交付します。
 その後の相続手続は,法定相続情報一覧図の写しを利用することで,戸除籍謄本等の束を何度も出し直す必要がなくなります。

法定相続情報証明制度の概要

  1. 相続人が登記所に対し,以下の書類をはじめとする必要書類を提出
    1. 被相続人が生まれてから亡くなるまでの戸籍関係の書類等
    2. 上記の記載に基づく法定相続情報一覧図(被相続人の氏名、最後の住所、生年月日及び死亡年月日並びに相続人の氏名、住所、生年月日及び続柄の情報)
  2. 記官が上記の内容を確認し,認証文付きの法定相続情報一覧図の写しを交付

法定相続情報証明制度の概要

  1. 申出(法定相続人または代理人)
    1. 戸除籍謄本等を収集
    2. 法定相続情報一覧図の作成
    3. 申出書を記載し、上記二つの書類を添付して申出
  2. 確認・交付(登記所)
    1. 登記官による確認,法定相続情報一覧図の保管
    2. 認証文付き法定相続情報一覧図の写しの交付,戸除籍謄本等の返却
  3. 利用
    1. 各種の相続手続への利用(戸籍の束の代わりに各
      種手続において提出することが可能に)

※この制度は、戸除籍謄本等の束に代替し得るオプションを追加するものであり,これまでどおり戸除籍謄本等の束で相続手続を行うことを妨げるものではありません。

※放棄や遺産分割協議の書類は別途必要となります。

本制度により交付された法定相続情報一覧図の写しを,相続登記の申請手続をはじめ,被相続人名義の預金の払戻し等,様々な相続手続に利用することで、相続手続に係る相続人の負担が軽減されます。

beforeafter

【熊本本部:西 貴史】

PDFはこちらをクリック

           .