速報!さくらユウワ通信 「ITを活用して、経理の負担を軽くしてみませんか?!」

ITを活用して、経理の負担を軽くしてみませんか?!

 「クラウド」や「ビッグデータ」…ITに関する言葉が飛び交う中、経理業務においてもITを導入することで大幅な効率化が見込めます。今回は、経理担当者の業務を効率化できるITツールをご紹介します。

証憑ストレージサービス

 証憑(請求書、領収書、レシート等)をスキャンし、又はスマートフォンで撮影し、電子化したデータを保存できるサービスです。また、電子化したデータをTKC会計システムと連動させることにより、仕訳入力を省略できます。(有料)

本サービスの導入効果

  1. これまで手入力していた証憑データの仕訳をスキャンで簡単に読み込むことができます。
  2. 紙の原本は後で廃棄できるため、ペーパーレス化を図れます。
  3. いつでもどこでもスマートフォンで読み取り、検索・確認が可能です。

利用条件

  1. TKC自計化システムを利用していること
  2. 開始3か月前の日までに、所轄税務署長に承認申請書を提出していること

銀行信販データ受信機能(FinTech)

 複数の金融機関から、インターネットを利用して預金取引データを簡単に受信し、その取引データをもとに仕訳ルールの学習機能を利用して仕訳を簡単に計上できます。(無料)

本サービスの導入効果

  1. ボタンをワンクリックするだけで、これまで手入力していた預金の仕訳を一気に記帳することができます。
  2. 仕訳ルールの学習機能により、二重計上などを防ぐことができ、正確な記帳が可能です。

利用条件

  1. TKC自計化システムを利用していること
  2. ネットバンキングを契約していること
  3. インターネットに接続できること

TKCモニタリングサービス

 決算書や月次試算表、最新業績の開示を電子データで金融機関に提供するサービスです。(無料)

本サービスの導入効果

  1. 決算書などの財務情報を金融機関に直接提出する手間(コピーや送付など)が省け、業務効率化が図られます。
  2. 融資等の相談に対応していただけやすくなります。
  3. 融資申し込み時の審査時間の短縮など、金融サービスの向上が期待できます。

利用条件

  1. TKC自計化システムを利用していること
  2. 記帳適時性証明書が発行されていること
  3. (自計化の場合)インターネットに接続できること

安心・安全のTISC管理

 データの流出、紛失など、クラウドサービスに抵抗をお持ちの方でも安心してご利用いただけるよう、これらのスキャンデータ、会計データ等はTKCデータセンター(TISC)において世界最高水準のセキュリティー、災害対策で安心・安全に管理されています(日本初、ISO/IEC27018認証取得)。
 詳しくは、担当者にお尋ねください。

【熊本本部:渡邉 里香】

PDFはこちらをクリック