速報!さくらユウワ通信 「2018年から始まる『つみたてNISA』」

2018年から始まる『つみたてNISA』

2018年1月から新たな少額投資非課税制度の「つみたてNISA(積立NISA)」制度が始まります。これまでのNISAと同様に毎年の非課税投資枠から得た利益・分配金にかかる税金はゼロとなりますが、通常のNISAと比べ投資金額は少額で毎月コツコツと、長期での資産形成をお考えの方に向いた制度となっています。

つみたてNISA(積立NISA)とは

2018年1月から、毎年40万円まで期間20年の非課税投資枠が設定されています。投資金額40万円分までの、「長期の積立・分散投資に適した一定の条件を満たす投資信託(非毎月分配型、信託期間が無期限または20年以上など)」にかかる値上がり益や分配金が非課税となります。

現行NISAとの比較

項目 つみたてNISA 現行NISA
非課税対象 投資信託・ETF(投資できる商品に条件あり) 株・投資信託・ETF・REIT
非課税投資枠 毎年40万円まで
(翌年への繰越はできません)
毎年120万円まで
(翌年への繰越はできません)
非課税保有期間 20年間
(売却しても非課税枠の再利用はできません)
5年間
(売却しても非課税枠の再利用はできません)
投資総額 最大800万円まで 最大600万円まで
制度継続期間 2018年から2037年までの20年間 2014年から2023年までの10年間
NISA講座資格者 20歳以上

つみたてNISAのデメリット

  • 年間の投資額上限が小さく、短期で大きく積立てられないため効果がすぐには見込めません。
  • つみたてNISAはスイッチング(投資商品の切替)が原則出来ません。売却して現金化することは可能です。
  • つみたてNISAは現行NISAとの選択制になり、併用での運用はできません。
  • 現行NISAと同様で、他の課税口座の利益と損益通算ができません。

現行NISA・ジュニアNISAにおけるロールオーバー上限額撤廃

NISA・ジュニアNISAにおける非課税保有期間終了時に年間投資上限額を超過した分も含めてロールオーバー(翌年の新たな非課税投資枠への移管)が可能となります。
<改正前>年間投資上限額である120万円(ジュニアNISAの場合は80万円)の範囲内でロールオーバー、又は特定口座や一般口座(課税口座)へ移管。
<改正後>非課税保有期間終了時にロールオーバーをする上場株式等の上限額を撤廃。翌年の新たな非課税投資枠への移管。

今後のNISAの動向

平成29年度税制改正大綱によれば、老後の生活など各種のリスクに備える自助努力を支援する公平な制度の構築に向けた検討を行う中で、少額からの積立・分散投資に適した制度への一本化を検討するとされていますので、つみたてNISAに一本化される方針と考えられます。

【熊本本部:川越 大樹】

PDFはこちらをクリック