さくら経革通信 「会社の未来を変える、『社長が作る経営計画書』」

会社の未来を変える、『社長が作る経営計画書』

 『経営計画書』の策定は、社長自らが時間を作り「絶対この事業を成功させたい」という熱い想いが入っていなければ意味がありません。

 「なぜ、社長は目標を達成しようとしているのか?」「どのような想いで事業をしているのか?」など様々な社長の想いを『経営計画』に強く込めることが非常に重要となります。それが出来ていない『経営計画書』は、計画倒れ・絵に描いた餅になる可能性が極めて高くなります。

 今回は『経営計画書』を社長が作る必要性について「経営計画とは何か?」から説明いたします。あわせて幣事務所が行っている中期経営計画立案セミナー『さくら経革塾』を紹介させていただきます。

そもそも『経営計画』とは?

『経営計画』とは、自社の経営理念に基づいて決定した経営目標を明らかにするとともに、その目標を実現するための経営方針や、その経営方針に基づいた利益計画や行動計画で構成されたものです。

 言い換えれば、企業の目指すべき経営目標を実現するために、具体的にどのようなことを実施していく必要があるのかをまとめたものが経営計画です。

 中小企業の場合、『経営計画書』として書類にまとめていなくても、自社の存在意義を認識したうえで、市場の状況や競合の動向を踏まえ、自社がどのようにして事業活動を行なっていくべきかを頭の中で考え続けている経営者がほとんどだと思います。

 その考えそのものが、『経営計画』と言えます。

『経営計画書』はなぜ必要なのか?

 経営は、行き当たりばったりで上手くいくものではありません。永続的に事業を発展させ、将来思い描くなりたい姿に近づくためには、そこに至るロードマップが必要になります。その役割を果たしてくれるのが『経営計画書』です。

『経営計画書』を持たずに経営を行うことは、地図を持たずに旅をしているのと同じです。

 地図があれば、見知らぬ土地でも迷わず目的地に到着することができるように、きちんとした計画書があれば、将来の目標にむかって一歩一歩近づいていくことができます。

よく「将来の事なんか予測できない」という声を聞きます。しかしながら、予測と目標は違います。どの会社にも目標は必要です。

 社長の頭の中にいくら立派な構想があったとしても、そのままでは従業員に理解してもらうことは難しいものです。『経営計画書』を作りそれを共有することで、従業員からの協力も得やすくなります。

 また、社内だけではなく社外に対しても同じです。無計画な人物は信用されにくいと思いませんか?しっかりとした計画書を持つ会社は社会から信用され、結果的に取引や融資の場面で『経営計画書』が役に立ちます。

『経営計画書』を作成する目的

 経営者が頭の中で『経営計画』を思い描くだけでは、経営目標を実現するための必要事項が漏れていたり、経営目標や経営方針と、行動計画の整合性が取れていない場合があったりします。

 社長の頭の中の考えをまとめる意味でも、その考えを従業員に理解してもらう意味でも、事業活動において『経営計画書』の作成は必須と言えます。

『経営計画書』を作成する真の目的は、あらゆる経営環境の変化に対応して、事業運営に必要な利益を稼ぎ出し、自社の事業を継続させることです。

 現在のように多くの業界が成熟期を迎えている経営環境では、『経営計画書』を作成せずに経営を行なうことは困難と言えます。

中期経営計画立案セミナー『さくら経革塾』

 『経営計画書』には「計画」という言葉が含まれているため、計画を作成しても「事業なんて計画通りに進まないから意味がない」という声を聞く場面が多々あります。しかし、『経営計画』を作る目的は計画を守ることではありません。もちろん、計画通りに事業が進んでいくことはとても素晴らしいことです。しかしながら、それが『経営計画書』作成のすべてではありません。

 最初は計画通りに進まないかもしれません。『経営計画』を作成するのは、社長自身が行っている事業について、未来を想像しながら考えを深めて頂くという目的もあります。時間をかけて、深く考えることが非常に重要となります。

 『さくら経革塾』は、丸1日かけて『経営計画』を社長自身に考えて頂き『経営計画書』まで作成するセミナーです。後継者や幹部の方と一緒に参加される方も多く、大変盛り上がります。

 詳しくは弊事務所の各担当者もしくは経営支援課までお気軽にご相談ください。

【熊本本部 経営支援課 池松孝倫】

PDFはこちらをクリック