速報!さくらユウワ通信「弊所が『健康経営優良法人2020』に認定されました! 」

弊所が『健康経営優良法人2020』に認定されました!

弊所では、所内で衛生委員会を立ち上げ、健康経営に向けた数々の取り組みを行っています。「健康経営」は、働き方改革の一環として、労働生産性向上を実現するため、全ての従業員が心身ともに健康な状態で活き活きと働くことのできる土台作りとして注目されています。今回は、弊所が3月2日付で経済産業省より認定を受けた「健康経営優良法人」制度の概要と、弊所が実践している取り組みについてご紹介いたします。

健康経営優良法人認定制度とは?

特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。

健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目標としています。

『健康経営優良法人』に認定されたら

従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的な評価を受けられます。
また、健康経営優良法人や健康経営に取り組む企業向けに、自治体や金融機関等において下記のようなインセンティブ措置が設けられています。

インセンティブ付与団体 主なインセンティブ
1 金融機関 融資優遇、保証料の減額や免除
2 民間保険会社 健康経営割引プランとして、保険料の割引
3 自治体 ①独自の健康経営企業認定・県知事による表彰
②自治体が行う公共工事・入札審査で入札加点
③融資優遇、保証料の減額・奨励金や補助金
4 ハローワーク 求人票記載時にロゴやステッカーの使用が可能

東北や関東に比べると、九州でインセンティブ措置を設けている団体はまだ僅かですが、これから徐々に増加していくものと思われます。

弊所の健康経営に向けた具体的な取組事例

コミュニケーションの促進に向けた取り組み

「経営理念」「クレド」の理解・実践を深化させ、かつ職員間のコミュニケーションを活性化させるため、コミュニケーションツールアプリ「THANKS GIFT」を導入しました。コインを贈りあうことで各職員の実践状況を見える化し、また離職防止対策として、当該アプリで月に1度企業満足度アンケートを実施しています。

食生活の改善に向けた取り組み

健診の結果、脂質異常等による要検査対象者が多かったことからプチ社食サービス「オフィスおかん」を導入。定期的に届く健康的なメニューを低価格で提供。新事務所にもカフェスペースを設け、食に関するコミュニケーションの活性化、健康食に対する意識を高めています。

運動機会の増進に向けた取り組み

所内で体力測定を実施し、結果を職員に通知。新事務所2階のフィットネスクラブと法人会員契約し、職員の運動意識の向上を図っています。また有志を募りグループ登山や企業対抗別フットサル大会の出場など、社外での活動にも積極的に取り組んでいます。

健康経営優良法人2021の受付について

認定のためには、上記取り組み等のほか、全部で7つ以上の項目要件を満たす必要があり、1年ごとの更新が必要です。来年度の申請受付は、2020年8月~10月の予定となっております。詳しくは、経済産業省のHPをご覧ください。

また弊所では、健康経営推進のためのツールのご紹介も行っております。

健康経営、認定に向けた取り組みについてのご相談やお問い合わせは、弊所担当者までお尋ねください。

【熊本本部 渡邉 里香】

PDFはこちらをクリック